Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... YQJY

狂喜乱舞 in



中国語のお勉強を始める前から、台湾が大好きでした。

言葉なんて通じなくても・・・ 通じるものがあるんだよなぁ(って台湾にハマった友は言う)
笑顔ってさ、世界の共通語だよね!(って意識高い系の人が言ってた)
てか、ヲタの世界なんて むしろ共通語しかないよね、って思うのは、ワタクシ珊迪さん。

一体なんのお話かといいますと・・・・


先週の月曜日に「探してたモノがみっかったよ〜」という連絡を受けてから、テンションが上がってしまってウズウズしてしまった結果、週末の土・日で行っちゃいました、台湾は台北へ。


たった1泊なのにスーツケースなのは、大切なあれやこれやを大事に大事に運ぶため。
空港まで迎えに来てくれた友と、濃ゆくて有意義な情報交換をし、聖地(興味ない人にはだたの倉庫w)にてあれにうっとり、これにうっとりした後は、帰りの飛行機まで、

ひたすらチャリをこぎまくって 食べ物 to 食べ物間を移動しておりました

そういえば、中国語をお勉強して、ちょっとだけ変わった事。
それは、コンビニのカウンター商品を注文する勇気がちょっぴり育った!ということです。



ソフトトクリーム 霜淇淋 shuāng qí lín や、コーヒーを注文できるようになったのは、我ながらお勉強の成果だと思ったりしてるんです。

ただし、まだ他のしゃれおつなメニューは読めないもんで「バニラ」とか「ブラック」とかしか注文できませんけども・・・ だってメニューは店員さんの後ろにあって指差せないしw

はぁ〜〜 (ため息

駆け足すぎて「しばらく我慢、台湾」というより「早いとこ行かなきゃ、台湾」なスイッチが入っちゃいました。その前にお勉強、お勉強。うん、わかってるんだけど・・・ね・・・・

来たよ!見たよ!頑張れ!のかわりに、バナーをクリックしてもらえると嬉しいです → 
にほんブログ村  


単語濃度、約40パー。



自分でレッスンの他にしている事といえば、キクタンの単語を→単語帳に書き写して、電車の中でめくりめくりするぐらい。キクタンサイズの本を広げられるようなスペースがない、殺人電車でガタンゴトン通勤しているので、もっぱら手のひらサイズの単語帳が相棒です。

それにしても、単語帳の数は増えるのに、何故か増えないボキャブラリー。
更に悪いことに「あ!みたことある!なんだっけ!思い出せない!知ってるのに!へぎゃー!」と「いっそ知らなきゃよかった」ってな感じの、濃度の薄い単語達のレイヤーが、頭のなかに何層も重なっている状態です。

単語ってどうやって濃くインプットできるのかなぁ・・・

①漢字そのもの ②意味 ③ピンイン ④声調

一つの単語につき、①と②を覚えてれば③と④が思い出せない。②と④が思い出せるけど①と③が「えっとなんだっけ、やったのに出てこない~!」みたいな単語濃度の薄さ。私の記憶の中では、中国語の単語の「お預かり期間」がめっちゃ早い。あっちゅーまに薄れていくのです。

なんでこんなネガティブな投稿かといいますと、今日がM老師のレッスン日なのに、単語テスト用の単語、全然おぼえきれてなーいかーらでーーーす!!!

ブログカイテルバアイナノカー


さ、寝よw 

私の決定的な欠点は、このねばりの弱さ。今すぐ覚えなきゃ生活に直結してヤバい!わけでもなく、M老師の優しさにのっかりまくりで、もうひと踏ん張りがきかない模様です。

てな訳で、もうちょっと「やらなきゃ!スイッチ」をONにするために、週末はちょっくら自分を追い込んで来る予定なんですよよよ。

ブログ村のバナーをクリックしていただいたみなさん、ありがとうございました!
(ぶっちゃけ、私自身がクリックたポイントも入ってる気もするけど・・・w)
傷舐め合えるコメントも、本当にありがとうございますです。
ブログを読んでくれてる人がおるってわかるだけで、気合が若干入るのですっ。YQJY、一起加油!
来たよ!見たよ!頑張れ!のかわりに、バナーをクリックしてもらえると嬉しいです → 
にほんブログ村  



Tさんは縦長がお好き。

簡体字魂に火をつけるべや!と、本家本元のお友達のチカラを借りていざ、進め進め珊迪さん。

以前「次の授業は、漢字練習帳を持ってきてください~」とM老師に言われた翌週の授業の後で、日本に遊びに来ていたM老師のお友達で「中国で印鑑をほる仕事」をしているTさんが、簡体字の書き方を教えてくれました。

私のお友達が作ってくれた「日本の漢字⇔簡体字の互換リスト」を使って、綺麗な簡体字の書き方を教えてくれたTさん。日本語は話せないので、文字通りの「手を取っての」書き方指導となりました。横に広がるどっしりとした字ではなく、縦長にしゅっとした字を書いた時に「很好~」と、○を付けてくれました。しゅっとした字が綺麗なのかな?



赤い字がTさんの字。めっちゃ綺麗!

5,6ページやったところでタイムアップ。リストに残っている他の簡体字の書き方も教えてあげるから、書けたら写真を撮って送ってね~!と言われたものの、笔画查询という書き順を教えてくれるサイトや 、同じ内容の汉纸笔画というアプリに出会ってしまい、

ワタクシ、それ以来ちゃんと綺麗な書き方を練習しておりません・・・・

もったいないよなー
絶対もったいないよなー
綺麗な簡体字を書けるようになる、空前絶後の超絶怒涛のチャンスよなー

目の前の魚を余裕で逃がすワタクシです。進め進め・・・ 進まないんだよなぁ、もぅ。
来たよ!見たよ!頑張れ!のかわりに、バナーをクリックしてもらえると嬉しいです → 
にほんブログ村  



中国人に「見てられないっ」と言われた話。


ノートの最初の方はこんな記号でいっぱいでした

中国語の簡体字には「記号にしかみえない」文字があります。今でこそ見慣れてきたけれど、勉強を始めた頃の珊迪さんの書く簡体字は本当にひどいもんでした。

私の見よう見まねのミミズ文字達に、中国人のお友達はみんな 総いらいら状態

ほんとにもう、見てられないっ!と言われて「もう知らん!」と見放されたのかと思いきや、


書き順のサイトのスクリーンショットをメールしてくれたり(小学校の教科書も貸してくれたLちゃん)


質問するたびに、イラレだかフォトショだかで書き順作ってくれて教えてくれたり(さすがプロ、Rくん)


エクセルで「日本語⇔簡体字」の相対表を作ってきてくれたり(デスクの上で見つけた時泣きそうになったです)

みんな、あの手この手で珊迪さんに「簡体字魂」を叩き込んでくれたのでした。

ありがとうありがとうありがとう、ゔえぇぇぇホントありがとう!!!とお礼を言うと「お礼とか言って、何なん?」とちょっとむっとする友人達。未だに慣れませんが、あまりお礼を言い過ぎるとカチンとくる模様。(そういえば、M老師もそんな感じだ…)

なので、わーい!うれしー!やったー!みてみて〜漢字書けたよ〜!!!と「あっけらかん感謝(という言葉が正しいかわからないけどw)」をして、今も一生懸命簡体字、練習しております。

みんなからもらった簡体字魂キット、宝物です。

でもね、やっぱ、難しいんですわ、簡体字・・・・
来たよ!見たよ!頑張れ!のかわりに、バナーをクリックしてもらえると嬉しいです → 
にほんブログ村  



拝啓、未来の自分。

お元気ですか、懲りずにまた中国へお出かけになっているようですね。
今日も美味しいものが食べたくて、でも注文できない・・・という一日を過ごすのでしょうか?

そんな未来の私へ、過去の私がぐぐって得た知識を託したいと思います。
水餃子のを頼む時は、重さの「 liǎng」を使うそうです。
1两は50g、水餃子なら5~7個に相当するっぽいです。
通常は2两からの注文らしいです。

2两のことを、liǎng-liǎng と注文するのか er-liǎngと注文するのかはわかりません。なんせ数字の2と書いてあるブログしかヒットしなかったので、注文時は指のピースで乗り切ってください。それで2人前とか来ちゃったら、なんかすんません。

前回の上海での旅行中水餃子を頼んだ時に、お店の人にマシンガンで何か言われてポカンとしてましたよね。今思うに「で、どんだけ(何两)食うんだ?」と問われたのかもしれません。



↑何两頼んだ結果なのでしょうね? 2两かな?まさか3两?

あと、餃子は「何個」って数を数えちゃいけないらしいです。財産が途絶える(?)とか、子孫が途絶える(?)とか。こういう「げん担ぎ」には、ちゃっかり乗っかっといた方がよいかと思われます。

ではでは、検討を祈ります。

追伸:メニューみても読めなくて注文できないと思うので、予習できそうな大娘水饺 という水餃子のチェーン店さん(かな?)のサイトのメニューのページのURLを貼っておきますね。未来の私は、いくつのメニューの名前が読めるんでしょうねぇ?

来たよ!見たよ!頑張れ!のかわりに、バナーをクリックしてもらえると嬉しいです → 
にほんブログ村